どこまでが革の自然な風合い?

こんにちは(^^)v





今日も晴天の北海道十勝。

寒さも少しやわらいできました♪




さてさて、最近の私はありがたいことに切れ目なく

オーダーなど、お仕事頂いてる訳なんですが

何年も前からの私の悩み…




それは、革の在庫や、端革の使い道。

仕入れた革の効率のよい使い方?です(^^ゞ




たとえば、ブルーの財布をオーダーしてもらう。

在庫にブルーがないので、仕入れるとする。

大きい革を買って作る。

革が残る。 次にブルーのオーダーがない(-_-)




そんな感じで在庫の革ばっかり増えるのであります。

そして、仕入れ貧乏が続く(笑)




それを改善すべく、少し高上がりになるけど

最近は、カットされた革を買う事もしばしば…




すると、近くに革材量屋さんがないもんで

ネットで買う。 そして失敗する(T_T)

やっぱり、見て買えないのはつらいです



しかも、革は高い。

先日買った革は、トラしわ?血筋的なものが濃く出ていて

どう考えても使えなくて、泣く泣く再注文。

IMG_1607_201602111532289d0.jpg

お店で言う、天然素材ならではの自然な革の風合い…というのが

何とも私の思ってる所より許容範囲が広いらしく…




でも、オーダーして楽しみに待っていたお財布に

最初から濃いシワや、キズなんかが入っていたら

自分だったらガッカリするだろうなぁ~と思って

次の革が届くまで、作れる所を作って待ってる感じです(^^ゞ

FullSizeRender_20160211153844eb4.jpg

すべてのお客さんが、革のトラやしわ、血筋を理解してるとは

限らないもんね…  難しい(^_^;)



ブログの更新を怠っている間にも、ブログ用に写真撮ったりしてるんだけど、

日にちがたって載せるのをやめちゃったり…

簡単な文面でも、ブログ頑張らないといけないな

気を引き締める私なのでした~(^^ゞ



やっべ~やっべ~!

頑張ります♡





これを押してもらえると、ランキングが上がって

やる気と、元気がプラスします

一日一押しお願いします

↓↓こちらも、ついでにお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TORICO

Author:TORICO
北海道十勝在住、革や布を中心に
雑貨を製作。11歳の息子と夫の3人家族。

*お願い*
TORICOの作品は、完全オリジナルです。 試行錯誤を重ねて一生懸命作っていますので、模倣はご遠慮ください。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
Facebookページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR